Our Dogs

ホープ♀ 2012.01.26.生れ 父:トレウォーター・タリー 母:ホープ・フォー・ザ フューチャー

 ホープは、エミルの父親 (CH.ノルディック・チャーム 2010クラフトBOB) を作出した、北欧のトップブリーダーの犬舎の

出身です。私どもはエミルとホープに関しては、それぞれ父親と母親のC.N (コール・ネーム:愛称) をそのまま使っています。

つまり、エミルの父親のC.Nは "Emil" でホープの母親のC.Nは "Hope" なのです。今後は区別する必要があるときは、

親の方を父エミル、母ホープと呼ぶようにしたいと思います。

 ホープとはもともと浅からぬ因縁がありました。ホープの父親は上記のとおり「トレウォーター・タリー」ですが、現在の

我が家の犬たちの基礎になったロビンの登録名は「トレウォーター・トレスコット」なのです。1999年12月末にロビンの

親元のトレウォーター犬舎を英国ウェールズに訪問したときに、生後54日だった女の子を私の胸に抱かせてもらい

ましたが、その子がタリーの母親の 「トレウォーター・ロッティ」 だったのです。つまり、その時は13年後にその子の

孫と日本で一緒になるという運命にあるということなど、夢にも思わずいたのです。その時の写真もアップしています。

 ホープは日本の検疫制度の変更の影響を受けて、イタリアに7ヶ月ほど預けられていました。本来ならミラノから関空

へ直行便で来れるはずでしたが、何かの手違いで出発地がウィーンになっていました。そのため、ミラノからウィーン

まで900kmを車で走り、そこから関空まで十数時間のフライトを経験し、関空ではけっこう検疫に時間がかかったそう

ですし、関西で2泊したあとは成田までまた飛行機の旅と、とんでもないストレスをかけてしまいました。

 それでも、我が家に到着したときには、全然疲れた様子も無く、すぐになついてくれました。

そんなホープがいとおしく、運命の犬を大事に育てなくてはと責任を再認識させられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Back

Mail Form

PAGE TOP

INFORMATION

当犬舎でとてもかわいい英国系
ゴールデンレトリバーの子犬と
出会えます!
Westriver
Golden Retrievers
◆動物取扱者標識◆
【氏名または名称】
西川 京子
【事業所の名称】
ウエストリバーJP
【事業所の所在地】
〒270-1162
千葉県我孫子市布施2700-3
【動物取扱業の種別】
販売
【登録番号】
06-柏保11-37
【登録年月日】
平成19年2月26日
【有効期間の末日】
平成29年2月25日
【動物取扱責任者】
西川 健治
04-7182-4115
メールでお問い合わせ